teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


Re: ABU出場決定!

 投稿者:R8  投稿日:2017年 6月11日(日)17時27分44秒
返信・引用
  決勝負けたー

ABUまでには改善して勝ってほしいところ

R8さんへのお返事です。

> 東工大と決勝を残してますが、
> 準決勝勝ち抜き、ひとまずABU出場決定!
 
 

ABU出場決定!

 投稿者:R8  投稿日:2017年 6月11日(日)17時20分38秒
返信・引用
  東工大と決勝を残してますが、
準決勝勝ち抜き、ひとまずABU出場決定!
 

Re: ロボコン2017

 投稿者:ni-ne  投稿日:2017年 5月28日(日)20時38分40秒
返信・引用
  > No.520[元記事へ]

他にはいらっしゃらないようなのでR8に提供したいと思います。

ちなみにOBメーリングリストからの情報だと枠が相当余っているようなので、
もし他に観覧希望の方がいれば、そちらに問い合わせると良いと思います。

余り具合を見るに、ハガキで応募だった昨年まではダフ屋でもいたのだろうか。

> もしほかにいなければ
>
> ノ
>
>
> ni-neさんへのお返事です。
>
> > 観覧ハガキが一枚あたりました。
> > 一枚で二人入場できるので、もう一人観覧できるのですが、
> > どなたかこの入場枠が欲しい方いらっしゃいますか?
 

Re: ロボコン2017

 投稿者:R8  投稿日:2017年 5月23日(火)22時56分5秒
返信・引用
  > No.519[元記事へ]

もしほかにいなければ




ni-neさんへのお返事です。

> 観覧ハガキが一枚あたりました。
> 一枚で二人入場できるので、もう一人観覧できるのですが、
> どなたかこの入場枠が欲しい方いらっしゃいますか?
 

ロボコン2017

 投稿者:ni-ne  投稿日:2017年 5月23日(火)07時28分45秒
返信・引用
  観覧ハガキが一枚あたりました。
一枚で二人入場できるので、もう一人観覧できるのですが、
どなたかこの入場枠が欲しい方いらっしゃいますか?
 

ロボコン2017観覧募集中

 投稿者:ni-ne  投稿日:2017年 4月16日(日)16時00分49秒
返信・引用
  6/11(日)のNHK学生ロボコンの観覧募集が始まっています。
応募の締め切りは5/9(火)で、応募方法は以下の通りです。
http://www.official-robocon.com/gakusei/event/

会場が大田区総合体育館なのと、整理券1枚で2人分というのは昨年と同じですが、
OBメーリングリストでも言及されていたとおり、
今年はWebフォーム(たぶんNHKの公開番組全般の申し込みシステム)での申し込みに変わっています。
そして、重複申し込みはするなということになっています。
「ご応募の際にいただいた情報は、抽選結果のご連絡のほか、受信料のお願いに使用させていただくことがあります。」
なんてことも書かれているので、私は自分の名義で1件のみ応募しました。
 

宿題への回答 中編

 投稿者:ni-ne  投稿日:2017年 3月14日(火)08時04分59秒
返信・引用
  今回は蝉丸Pの著書「つれづれ仏教講座」を紹介しようと思うんですが、、、うーむ。
結論から言うと、マンガとゲームに造詣が深く、かつ、仏教哲学あたりに興味がある人にならという感じで、
言葉運びもためらいがちです。
仏教はやっぱり宗教なので、そういうのが気になる方は、この投稿は無視して下さい。

本題の前に、念のため、カルトやばいの話も書いておきます。
ご存じだとは思いますが、ヤバいカルトは本当にヤバくて、言葉通りに、人生ぐちゃぐちゃ、死屍累々。
仏教系のカルト教団もありますし、仏教のような何かがツギハギの一部になっているヤバい教団もあったりします。
宗教じゃないよ、ヨガだよ、座禅だよ、瞑想だよという勧誘もよくある話らしく。
疑いだすときりがないんですが、
でもやっぱり宗教絡みだと、本や人物、団体は、まずは疑ってみて、ネットで調べるぐらいは必要かと思います。
インターネットが信用できるかという話もありますが、鵜呑みにしない分には、情報ソースは多いに越したことはないのではないかと。

という話の流れも重いので、まずは蝉丸Pの動画を2本ご紹介。

【仏具で】てってってー【演奏してみた】: http://www.nicovideo.jp/watch/sm5335851
ニコニコ仏教講座2・「宗派の話」: http://www.nicovideo.jp/watch/sm6347888

一本目の動画タイトルの時点で、何か間違っている気がしますが、蝉丸Pは本物の住職なんだそうです。
そして「つれづれ仏教講座」という本は、二本目の動画のノリでスタートして、もうなんかフリーダムになりつつも、白眉の書籍紹介に落ち着く感じです。
この書籍紹介は、大学の先生が書いた本から仏教が関連するマンガ(例:聖☆おにいさん)まで広範囲に扱う約30ページに及ぶ力作です。

後は、以下に関連情報のURLを載せておきますので、ご興味があればどうぞ。
世の中には、いろんな業界があって、いろんな人がいるものですね、という話でした。

# 蝉丸Pへのインタビュー記事
ASCII: http://ascii.jp/elem/000/000/438/438886/
彼岸寺1: http://www.higan.net/bouzu/2009/08/semimarup-1.html
彼岸寺2: http://www.higan.net/bouzu/2009/08/semimaru-2.html

# 蝉丸Pのつれづれ仏教講座
Amazonページ: https://www.amazon.co.jp/dp/4047280941
本人の弁: http://www.higan.net/news/2012/10/semimarup.html
 

幕間

 投稿者:ni-ne  投稿日:2017年 2月19日(日)23時29分51秒
返信・引用
  昨日「人生フルーツ」というドキュメンタリー映画( http://life-is-fruity.com/ )
を見てきて、あまりに素晴らしかったで書き込んでおります。
特に「この世界の片隅に」が良かったという方にはオススメです。
もちろん「人生フルーツ」は、余計なことを考えなくても素晴らしい映画なのですが、
すずさんと同世代のご夫婦の今を実写で見られる作品なので、
第二次大戦の時代は遠い昔なんかではなく、一部の日本人によってまだ直接連結されているという事実に感じ入る作品にもなっています。
ちなみに、旦那さんはすずさんと同い年で、奥様は料理を楽しそうにする方で、
ご夫婦の日常が淡々と描かれていますが、当然のように、というか、
ドキュメンタリーなので当然なのですが、画面には現実の歴史が反映されています。
もっと長ったらしいことは、ブログに書きましたので、ご興味があればどうぞ。
 

宿題への回答 前編

 投稿者:ni-ne  投稿日:2017年 2月18日(土)21時28分30秒
返信・引用
  皆様こんにちは。
1月28日の宿題を提出すべく筆を取っております。
28日は結婚式の後、俺たちもegaに続けと(?)、KK御用達の新宿の でぱーと の かふぇ なるところへ、
社会勉強へと参ったのですが、そこで何を話していたかを思い出すと、いつも通りな感じで、あちゃーという。
それはさておき、その場の歓談で、詳細は後で連絡すると私が言った事項が多々あったので、この場をお借りします。

まずは仏教と科学、瞑想と脳活動の辺りから。
話のきっかけは、私が会社のメンタルヘルス講習会で瞑想が医学応用され始めていることを聞いたことでした。
(余談ですが、私は精神疾患を生活習慣病や交通事故と同列で捉えているので、生活習慣病予防講習会や交通安全講習会と同じ感覚でメンタルヘルス講習会に参加しています。)
その講習会で、MBCTという8週間の瞑想のレッスンを行うという治療法が、抗うつ薬と同程度の効果を持つという研究結果が紹介されていて、興味深いと思った次第です。

もともと、欧米では東南アジア仏教の瞑想や日本の禅への関心が、戦後それなりに高まっていたらしいです。
この流れの中で、1970年代に瞑想を利用したMBSRという技法が開発され、主に身体的苦痛の低減に活用され始めたようです。
    Wikipedia MBSR: https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%95%E3%83%AB%E3%83%8D%E3%82%B9%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%AC%E3%82%B9%E4%BD%8E%E6%B8%9B%E6%B3%95
そして、1990年代にMBSRを本格的な鬱病治療法へと展開したのがMBCTだそうです。
    Wikipedia MBCT: https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%95%E3%83%AB%E3%83%8D%E3%82%B9%E8%AA%8D%E7%9F%A5%E7%99%82%E6%B3%95
このMBCTの治験の成績はとても良いそうです。
ざっくりいって、目立った副作用なしに抗うつ薬と同程度の治療成績らしく、
妊娠中など薬の使用が難しい場合には、MBCTが主力の治療法になってきているらしいです。
また、「うつ病を3度以上経験した患者については、従来の療法と比べて再発率が半減した」(Wikipediaより)
という臨床実験結果もあるそうです。
また、MBCTによって脳活動に変化が起きることは、fMRIを使って観察できているんだそうです。

講習会ではこの辺りのことを紹介した日本の雑誌記事として、
2015年の日経サイエンスの特集が紹介されていたので、私も時間を見つけて読んでみようかと思っています。
    日経サイエンスの2015年1月号: http://www.nikkei-science.com/page/magazine/201501.html

ということで、坊さんが神通力で取り憑いた化け物を退治したという逸話も、
実は精神疾患を治していたのではと想像できるわけでして、興味深いなと。

ちなみに、精神と科学みたいな話だと「ゾーン」は、
10年以上前からよくスポーツと絡めて日本のマスコミでも紹介されているように思いますが、
心理学用語としては「フロー」の方がより使われるみたいです。
    Wikipedia フロー: https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%83%AD%E3%83%BC_(%E5%BF%83%E7%90%86%E5%AD%A6)

ゾーンにしろ瞑想にしろ、根っこの部分は2500年以上前から人類が開発している技法なんだそうです。
もしかしたら仕事でも、栄養ドリンクという疲労感を消す薬に頼るよりも、
伝統的技法を使って集中への出入りや精神状態のコントロールをした方が効果が得られるのかも知れません。
(仏教だと、何も考えないのではなく、仏教哲学的な思索を行うための瞑想というのもあるらしいです。)

ということで、仏教の話に続きます。
 

(無題)

 投稿者:KK  投稿日:2016年12月24日(土)17時51分10秒
返信・引用
  遅くなりました。
31,1,2いずれも空いてます。
ただ、大みそかと元旦はできれば外したいので、
都合が合えば2日が希望です。
 

レンタル掲示板
/53