teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


新年、明けましておめでとうございます。

 投稿者:かが@ほーむ  投稿日:2008年 1月 4日(金)15時08分10秒
返信・引用
  新年、明けましておめでとうございます。

昨年は、3月25日に起きた能登半島地震、7月16日の中越沖地震と
ひずみ集中帯と言われる日本海側に大きな地震が発生し、ご存知
の通り、東京電力の柏崎刈羽原発に大きな被害が発生してしまい
ました。そのため、地下深部の地殻構造調査を生業としている私
は、特に昨年10月頃より非常に忙しくなり、あまり山へも行けず
悶々とした日々を過ごしております。

今年も、前半は仕事の上の予定が組まれているのですが、何とか
隙をみて、今後とも近場の山へは行きたいと思いいます。

S山の会の皆様やTの会12回生の皆様にとって、今年はどんな年に
なるのでしょう。
皆様にとって、今年も良き一年になりますように!

今年も、宜しくお願いします。 m(_ _)m
 
 

サーバーが一杯になってしまいました。

 投稿者:かが@ほーむ  投稿日:2007年 4月 8日(日)22時02分46秒
返信・引用
  本日(4/8)の会山行『八丁山』、ご苦労様でした。
写真をHPにアップロードしようとしたところ、ウェブサーバの容量が、いっぱいで写真の転送ができませんでした。 いつか、こういった事態になるだろうとは、想像していたのですが... やむなく、古い写真(1)~(4)は、サムネイルの写真のみにしました。 今後、順次、古い写真からサムネイルのみの開示にしますので、クリックしても大きな写真にならなくなります。 どうぞ、ご了承ください。 いまのところ、(1)~(4)です。
 

一年ぶりの風邪

 投稿者:かが@ほーむ  投稿日:2007年 2月18日(日)20時29分40秒
返信・引用
  一年ぶりに風邪を引いてしまいました。 f^^; お陰で、土曜(2/17)の『水源巡視路から四間小屋尾根~ウトウノ頭~タワ尾根』山行へは行けませんでした。 久しぶりの週末完全休養でした。 来週25日(日)は、幕岩へ岩登りのトレーニングへ行く予定です。  

早速、見ていただきありがとうございます。

 投稿者:かが@ホーム  投稿日:2007年 2月 4日(日)17時08分26秒
返信・引用
  湯煙りさま、早速、HPを見ていただき、ありがとうございました。

拙いホームページですが、記録さへしておけば、何かの折に役立つかなぁ~
程度に始めました。 まだまだ交通機関や費用、もっと感想などを書き込ん
でおきたいのですが、なかなか時間がなくて、書けません。 それに歩いて
いる時に、まだまだ余裕がないので、周りをじっくり見ていないのも現実で
す。 f^^;

今年も一年、昨年同様に行けたらなぁ~と思いますので、今後とも宜しく
お願いします。 m(_ _)m
 

拝見しました

 投稿者:yukemuri  投稿日:2007年 2月 4日(日)11時58分30秒
返信・引用
  ご連絡いただいた写真拝見しました。即日UPとはすごいですね。HPも出来ていて、楽しく山登りをしているようで、羨ましいです。私も、HPを作ろうと思っているが一寸も出来ません。今度、ご教授お願いいたします。  

新年あけましておめでとうございます。

 投稿者:加賀@ホーム  投稿日:2007年 1月 3日(水)10時34分54秒
返信・引用
  皆さま、新年あけましておめでとうございます。

昨年は山に始まり山に終わった一年でした。 今年も一月には八ヶ岳、
三月には武尊山、夏になると後立山の縦走や剣、栂海新道の縦走など、
盛り沢山の山行計画があるようです。 出来れば、北鎌尾根~槍ヶ岳、
是非、もう一度行きたいですね。 昨年は、貧乏沢でバテバテでした
ので、今年は、もう少し体力を付けなければ… などなど、この休み
に山のことばかり考えています。 f^^;

2日には塩見岳から下山したばかりのTさんから楽しそうな下山のメー
ルをいただきました。 いやぁ、全く羨ましい!

今年はどんな山に出会えるでしょう。
今年も良き一年になりますように! 宜しくお願いします。 m(__)m
 

昨日の沢登り

 投稿者:かが@ほーむ  投稿日:2006年10月16日(月)22時42分32秒
返信・引用
  昨日の軍刀利沢(ぐんだりさわ)は、個人山行の難しさをいろいろな面で考えさせられました。 今になって思えば、短い時間にいろいろな失敗が重なりました。 遡行時間も短く、ルート経験者も沢山いたので、安易になっていた点もあり、反省すべきことが多々あるように感じています。 私なりに思うところを以下に書き記しておこうと思います。

(1) まず最初に乗車するバスの時間を間違えたこと。
  8時18分発のバスに乗車予定でしたが、このバスは急行で、目的地には停車しないことがわかり、急遽、タクシー相乗りで目的地(遡行開始地点)まで行きました。 お陰で、目的地へは予定していた時間より早く着くことができ、結果的に全体の行程が楽になりましたが、万一、タクシーがなく、予定より遅い9時のバスに乗車しなければならなくなったとき、全体の行程が遅くなり、山行に無理が生じて、より大変な事態になることも考えられます。 バスの時刻表を見て計画しましたが、バス会社に確認の電話を入れるなど、もう一度、念を押すべきでした。

(2) 次に、10mの大滝でKDさんが、足を滑らせ約6~7m滑り落ちたこと。
 KDさんがリードして10mのナメ滝を登攀中の出来事でした。 一旦、KDさんが登り始めたましたが、6名のパーティーが登りきるには時間が掛かるとの判断で、下り始めた矢先でした。 三点支持とフリクションが完全ではなかったのでしょう。 突然、足を滑らせたKDさんは、約6~7m下の滝壺へ滑り落ちました。 幸いにも滝壺が深く、滝もナメており、足腰をぶつけるような突起もなく、滑らかに滑り落ちたようです。 大した怪我もなく、その後の行動にも影響はありませんでした。 初級者向けの沢といったことで、全体的に緊張感が足りなかったのかもしれません。 万全とは言えなくとも、何か対策はなかったものかと考えてしまいます。 対処していても、突然、事故は起きるのでしょうが...

(3) 最後に、下山路をJR中央線側に変更したのですが、途中で下山路を間違えたこと。
 これも些細なことなのですが、計画書でも下山は上川乗と決めていたので、持っていった地形図は「五日市」と「猪丸」の2枚、南側の「与瀬」や「上野原」は持っていきませんでした。 三国山頂で下山路を石楯尾神社に取ったのですが、これらの地形図で確認できませんでした。 幸いMさんが昭文堂の「高尾・陣馬」を持参していただいたので、下山に要する時間やルートを確認できました。 しっかりした登山道もあり、参加者の皆さんも手馴れた山だったので、その後、大した確認もせず、どんどん下山しました。 結果的には「石楯尾神社」には下山できず、鎌沢へ下山してしまいました。 まぁ、些細なことといえば、それまでのことですが、安易といえば安易に行動をしてしまったと、反省しています。

(4) 個人山行の難しさ
 今回は個人山行でした。 多くの人の賛同を得て、参加者は私を含め全部で6名でした。 言い訳になってしまいますが、このところ、毎週のように、どこかの山や沢へ出かけているので、じっくり計画を練る時間がなく、一つ一つの山行が多少安易になっています。 やはり、個人山行とはいえ、やはりこれだけの人が参加するような山行には、それなりの責任と役割分担が求められます。 事故のないような、失敗のないような山行を、皆と楽しくやっていくためにはどうしたらよいのだろう! と考えさせられる沢歩きでした。

こうして掲示板に書いたところで、何ら問題が解決するわけではないのですが、考えるきっかけになればと思い書き記しています。 とは言え、あまり難しいことを言わないで、皆さん、今後ともよろしく! と思います。 m(_ _)m
 

Re: 明日の登山

 投稿者:かが@ほーむ  投稿日:2006年10月 8日(日)07時06分2秒
返信・引用
  TK24才新人さん、おはようございます。 今日は新潟から群馬の県境辺りは雨模様のようですね。 でも明日は朝からお天気のようですから、紅葉が期待できますね。 15日(日)は奥多摩の軍刀利沢(ぐんだりさわ)、22日(日)は水干沢(みずひさわ)へ行きますが、都合がつくようであれば、メールください。 今後ともよろしく! m(_ _)m  

明日の登山

 投稿者:TK24才新人  投稿日:2006年10月 7日(土)21時08分50秒
返信・引用
  この掲示板でははじめまして。すばらしいHPですね。いつも言おう言おうと思っていてすぐに忘れてしまうのでこの場を借りて、おめでとうございます。自分も写っていてちょっとうれしいです。明日の荒沢岳はがんばりましょう。新潟の山は初めてなので楽しみです。それではまた明日!  

約一ヶ月ぶりの山歩き

 投稿者:かが@ほーむ  投稿日:2006年10月 1日(日)17時08分2秒
返信・引用
  昨日は、久しぶりの山歩きでした。 夏、八月に念願の北アルプスへ、二回も出かけた後遺症で、このところ、なかなかテンションが上がらず、9月中旬の三連休に会社の同僚と計画した笠ヶ岳はドタキャン! その後、一度だけ沢へ行ったものの、何となく気が抜けたような状態でした。 これではいかん!と、KJさんからお誘いがあって、5月末に行けなかった大菩薩山稜の南に位置する大谷ヶ丸(おおやがまる)へ行ってきました。 KJさん、NJさんと私の三人です。

恵能野川と真木川の合流点から立ち上がり、大久保山、岡松ノ峰のピーク、小沢ドウミと掘抜ドウミの鞍部を経由し、大谷ヶ丸に達する尾根歩きです。 朝早くJR大月駅からタクシーで間明野(まみおの)の金山神社前へ。 神社脇の登山口から歩き始めました。 大久保山から大谷ヶ丸の間は、スズタケが生い茂り、場所によってはかすかな踏み跡を追いながら、尾根を外さないように歩く藪こぎの山歩きでした。 比較的低い山々ながら、結構アップダウンもあり、約一ヶ月のブランクを埋めるには、十分すぎるくらい体力を使いました。 掘抜ドウミを抜け、滝子山から大谷ヶ丸に至る一般登山道に出た時には、さすがにホッと一息! 大谷ヶ丸から大鹿山(おおじかやま)を経て、武田勝頼を祀る景徳院の前を通り、JR甲斐大和駅へゴール! KJさん、NJさん、一味違ったとても楽しい山行でした。

また、次回も宜しく!
 

レンタル掲示板
/2