teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


(無題)

 投稿者:ni-ne  投稿日:2018年 6月 1日(金)23時31分44秒
返信・引用 編集済
  MBAの課題が厳しくて私はメディア芸術祭へ行けないかもしれませんが、
ご興味がありそうなイベント(参加にはネットでチケットを取っておく必要があります)のリンクを張っておきます。
人気のあるイベントは比較的すぐに満席になるので、ご興味があればお早めにどうぞ。

エンターテインメント部門 大賞受賞者トーク:上田 文人『人喰いの大鷲トリコ』
https://jmaf21st0623e.peatix.com/?utm_campaign=follow-organizer&utm_medium=email&utm_source=event%3A391185&kme=reco-clk&km_reco-str=PodMember
エンターテインメント・マンガ部門 受賞者トーク:米辻 泰山『PaintsChainer』/山田 胡瓜 『AIの遺電子』
https://jmaf21st0623d.peatix.com/view
ワークショップ:デザインをもっと楽しもう!Qooboのオリジナルキーホルダー作り
https://jmaf21st0617f.peatix.com/?utm_campaign=follow-organizer&utm_medium=email&utm_source=event%3A391018&kme=reco-clk&km_reco-str=PodMember
https://jmaf21st0617g.peatix.com/?utm_campaign=follow-organizer&utm_medium=email&utm_source=event%3A391023&kme=reco-clk&km_reco-str=PodMember

その他のイベントはこちらから
https://peatix.com/group/24817/events
 
 

Re: メディア芸術祭の受賞作決まる

 投稿者:R8  投稿日:2018年 3月23日(金)02時14分59秒
返信・引用
  > No.556[元記事へ]

> # アニメ部門
> http://festival.j-mediaarts.jp/award/animation/
> 「この世界の片隅に」と「夜明け告げるルーのうた」の2作品が大賞を同時受賞しました。
おー!この世界の強い。
湯浅監督ってPingPongのアニメの人かー、見るべきか。。。

> # エンターテイメント部門
> http://festival.j-mediaarts.jp/award/entertainment/
> 「人喰いの大鷲トリコ」が大賞を取りました。このゲームの上田監督は、「ICO」と「ワンダと巨像」を手がけてきた方です。
ICO、ワンダ、トリコとやったけど、どれも面白かったよ。
一番面白かったのはICOかも。
今思い出して面白いのは、映像表現技術が拙かった初期作の方が
記憶の中ではビジュアル的に美化されている気がする。
ICOはボワーっと霧がかかっていて、ポリゴンも荒かったけど、幻想的で素晴らしかった。
トリコは映像、確かに凄かったけど、クリア過ぎた。

> # マンガ部門
> http://festival.j-mediaarts.jp/award/manga/
> 審査委員会推薦作品の中に「プ~ねこ」が。
> なぜ誰が応募したのか、なぜ審査委員が推薦したのか、謎です。
ぷーねこなつかしい。。。
AIの遺電子は読んでて、ロボットがいる未来というテーマ固定のショートショートSFで、
個人的に絵はツボではないのだけど、毎回面白いネタが好き。

ni-neさんへのお返事です。

> 本題に入る前に1つだけ。トム・デマルコとティモシー・リスターの著作である「ピープルウエア 第3版」の翻訳本を現在2/3ぐらいまで読んだのですが、「人月の神話」が良さそうだとお感じでしたら「ピープルウエア」もオススメします。
>
> さて、本題はメディア芸術祭でして、今年の受賞作が発表されました。
> そして、今年の受賞作品展は6月13日(水)から 6月24日(日)までです。
> 例年通りなら会期中に受賞者シンポジウムなどのイベントもあります。
>
> 以下に注目の受賞作をいくつかご紹介しておきます。
> レスポンス(この掲示板でも私宛のメールでも)があれば、イベントに関する続報なども展開いたしますので、ご興味があればレスポンスよろしくお願いします。
>
> # アニメ部門
> http://festival.j-mediaarts.jp/award/animation/
> 「この世界の片隅に」と「夜明け告げるルーのうた」の2作品が大賞を同時受賞しました。
> ちなみに、「ルーのうた」の湯浅監督は3度目の大賞受賞です。
>
> # エンターテイメント部門
> http://festival.j-mediaarts.jp/award/entertainment/
> 「人喰いの大鷲トリコ」が大賞を取りました。このゲームの上田監督は、「ICO」と「ワンダと巨像」を手がけてきた方です。
> そして、優秀賞に米辻泰山さんの「PaintsChainer」(ディープラーニングによる線画への自動着色サービス)があります。RoboTechは人材の宝庫。
>
> # マンガ部門
> http://festival.j-mediaarts.jp/award/manga/
> 審査委員会推薦作品の中に「プ~ねこ」が。
> なぜ誰が応募したのか、なぜ審査委員が推薦したのか、謎です。
> (注意:私は「プ~ねこ」大好きです。全巻持っています。)
> 果たしてアフタヌーンの今月号か来月号かで何か分かるのか。
> どうネタにするのかしないのか。
> 久しぶりにアフタヌーンを買うハメになりそうです。
 

メディア芸術祭の受賞作決まる

 投稿者:ni-ne  投稿日:2018年 3月17日(土)21時50分25秒
返信・引用
  本題に入る前に1つだけ。トム・デマルコとティモシー・リスターの著作である「ピープルウエア 第3版」の翻訳本を現在2/3ぐらいまで読んだのですが、「人月の神話」が良さそうだとお感じでしたら「ピープルウエア」もオススメします。

さて、本題はメディア芸術祭でして、今年の受賞作が発表されました。
そして、今年の受賞作品展は6月13日(水)から 6月24日(日)までです。
例年通りなら会期中に受賞者シンポジウムなどのイベントもあります。

以下に注目の受賞作をいくつかご紹介しておきます。
レスポンス(この掲示板でも私宛のメールでも)があれば、イベントに関する続報なども展開いたしますので、ご興味があればレスポンスよろしくお願いします。

# アニメ部門
http://festival.j-mediaarts.jp/award/animation/
「この世界の片隅に」と「夜明け告げるルーのうた」の2作品が大賞を同時受賞しました。
ちなみに、「ルーのうた」の湯浅監督は3度目の大賞受賞です。

# エンターテイメント部門
http://festival.j-mediaarts.jp/award/entertainment/
「人喰いの大鷲トリコ」が大賞を取りました。このゲームの上田監督は、「ICO」と「ワンダと巨像」を手がけてきた方です。
そして、優秀賞に米辻泰山さんの「PaintsChainer」(ディープラーニングによる線画への自動着色サービス)があります。RoboTechは人材の宝庫。

# マンガ部門
http://festival.j-mediaarts.jp/award/manga/
審査委員会推薦作品の中に「プ~ねこ」が。
なぜ誰が応募したのか、なぜ審査委員が推薦したのか、謎です。
(注意:私は「プ~ねこ」大好きです。全巻持っています。)
果たしてアフタヌーンの今月号か来月号かで何か分かるのか。
どうネタにするのかしないのか。
久しぶりにアフタヌーンを買うハメになりそうです。
 

(無題)

 投稿者:ni-ne  投稿日:2018年 1月26日(金)16時07分6秒
返信・引用
  飲み会で言った結婚相手探しの数学的解法はこちらです。
秘書問題:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A7%98%E6%9B%B8%E5%95%8F%E9%A1%8C
現実に役立つかは不明ですが、例えば、婚活で今後最大で100人と会うならば、最初の37人はパスして、その37人を上回る人が現れたらそこで結婚を申し込むという戦略になるのですかね。
(申し込んだら向こうからお断りされたらどうするんだとか、最初の37人に最高の人がいる場合、つまり、37%の場合で結婚できないじゃないかとか、はい、そこ、言わない。)

話変わって、その昔「GPUのパワーそれ自体はかなり基盤的な技術だと思うので、長い目で見ればそのうちどこかの誰かが凄い物を作るような気が」(http://6006.teacup.com/j/bbs/302)と書いたのですが、
日本での凄い物の方向性はこういうこと(http://www.nicovideo.jp/watch/sm32547380 注意:中身はおっさんです)になりそうな感じになってきました。
要するに複数の面で拡張されたTRPGが、次の世代にとってはSNSのメインストリームになるような気がします。力(技術力、ハードウェア性能、資金力、トーク力など)のある者ほど、理想とする姿形で場に現れ、そして場をコントロールすることができる。一方で最も力のない者は、その場ではアイコンと文字でしかない。そして、最も力のあるものがTRPGでいうところのゲームマスターになると。(要するにlainです。)
僕もゲームマスターやりたいとか、おまえ上半身だけwww、やーい箱メガネ、そっちはアイコンだけかよダッセーとか、そういうので、小学生・中学生が熱中して、現在はVR機器と言われているものが、彼らの世代に一気に普及するのではないかと。(要するにlainです。)
Facebookに必要だったのは、Oculusよりもゲームマスターだったのかもしれません。(要するにlainです。)
 

(無題)

 投稿者:ni-ne  投稿日:2018年 1月19日(金)20時23分56秒
返信・引用
  > R8
第91回キネマ旬報ベスト・テンの文化映画なる部門の1位になったこともあり、
人生フルーツが明日からポレポレ東中野で再上映されます。ご参考まで。
http://life-is-fruity.com/theater/

(ただ、客の方から積極的に見ていかないと退屈なスローライフ万歳映画になりかねないので、オススメはしづらいのです。いい映画なのだけれども。)
 

コストコのマグロがおいしかった話

 投稿者:R8  投稿日:2018年 1月11日(木)23時02分32秒
返信・引用
  先日話した、コストコのマグロがおいしかったのは↓で知った話です。
http://negineesan.hatenablog.com/entry/2017/11/14/205835
ちょっと文体が独特で読みにくいけど、この通りやったらおいしかった。
要はマグロ1さくをクッキングペーパーでぐるぐる巻きにして一晩置いて、
食べる30分前に大量の塩でまぶして、食べる直前に洗い流して拭けばOK。
塩味がついているのでワサビだけで食べられる。
コストコに限らずマグロ買ったらお試しあれ。
 

(無題)

 投稿者:ni-ne  投稿日:2018年 1月 7日(日)13時10分58秒
返信・引用
  今日はよろしくお願いします。
今日話をしていて、何かの引き合いに出してしまいそうなので、先に以下のテレビ番組を紹介しておきます。

ドキュランドへようこそ!「みんなのための資本論」
http://www4.nhk.or.jp/P4471/3/
 

(無題)

 投稿者:ega  投稿日:2018年 1月 6日(土)00時39分39秒
返信・引用
  1/7にさせてくれてありがとですー。
 

(無題)

 投稿者:R8  投稿日:2018年 1月 4日(木)01時06分25秒
返信・引用
  同じく、了解!  

(無題)

 投稿者:KK  投稿日:2018年 1月 2日(火)10時07分39秒
返信・引用
  1/7の17:00、了解です!  

レンタル掲示板
/56